サッカー ドイツブンデスリーガ、ボルシア・ドルトムント、香川真司まとめサイト

スポンサーサイト

[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にコメントする(-)
香川真司,ドルトムント,ブログ,応援,スパイク,復帰,地震,インタビュー,評価
ドル速|ドルトムントのファンサイト 香川真司応援ブログ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルトムント ブログ|29節 ドルトムントVSハンブルガーSV

[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
2400278_m3t1w564h376q75v31415_24037008.jpg

29節 ドルトムントVSハンブルガーSV

立ち上がりは、ハンブルグペース。
徐々にドルのスピードに対応できなくなってハンブルグはファールが増える。

膠着した状態がつづくが、39分にゲームが動いた。
フンメルスがエリア内で後ろから倒しPK。先制される。
なんてこった!

その後、ドルは惜しい場面もあったが決めきれず。
ドルは中央のラインが機能せず、左右のみの短調な攻めになっていた。

後半開始早々、ハンブルグはFKからドルのゴールに襲いかかるがバイデンさんがナイキー。
そして反撃、今日もゲッツェがDFの裏を取り、絶好の場面があったが枠上に外す。惜しかった。
55分、バリオスのヘッドもあと僅かでゴールならず。

ハンブルグはかなり最終ラインを高くし、中盤のプレスを激しくした結果、攻守の切り替えが早いスピーディーな展開が続き、試合は盛り上がった。

レバがミスしてカウンターってのが目立った。
ということで、62分にレバ→クバ。ゲッツェが中央に入り、攻めの選択肢を増やす。
レバが交代して明らかに攻撃がよくなった。先週と同じ展開だね。
中央でタメを作れる分、ハンブルグはラインを高く保つことにリスクが増えた。

ここからドルの怒涛の攻撃。

しかし
74分バリオスがシュートするもバーに弾かれる。
76分バリオス→ジダン。バリオス故障か?

その直後、何度もサイドを駆け上がったシュメさんを倒し相手MFが退場。
79分。ベンダー→久しぶりのオボさん投入。パワープレーとシュメとピズのラインを上げるのかな?

相手は対応してきて、最終ラインを強化とラインを下げてブロックを作った。
でもやりました!ロスタイム!采配通り!
パワープレーの中央ポストよりダイレクトボレーでクバさんがゴール!
なんとか貴重な勝ち点1をゲットできました!

今回は両者ともラインを上げたスピーディーな攻防戦がすごく熱かったですね!
負けなくてよかった・・。


スポンサーサイト
この記事にコメントする(0)
香川真司,ドルトムント,ブログ,応援,スパイク,復帰,地震,インタビュー,評価
ドル速|ドルトムントのファンサイト 香川真司応援ブログ
[ 2011/04/10 07:18 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ドルトムントニュース
香川真司を見る
サイトマップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。